認定エステティシャン試験の勉強法

認定エステティシャンの資格を取得するためには、日本エステティック協会が認定しているエステティシャン養成スクールに通う必要があります。これを「認定校制度」と呼びます。

認定校は全国各地に132校ありますので、通いやすい場所にあり、雰囲気の良いスクールを選びましょう。同じスクールで学ぶ同級生は、勉強のモチベーションを高め合える人が理想です。

スクール選びが勉強の始めの一歩となるでしょう。さらに認定エステティシャンになるためには「実務経験3年」が必要になります。

勉強を始めると同時に、エステ店で勤務することも忘れないようにしましょう。認定校では「300時間以上コース」と「1000時間以上コース」があります。認定エステティシャンの資格を取得するだけなら、300時間以上コースを選んでもOKです。さらに上級の資格も視野に入れている人は、初めから1000時間コースを選ぶと良いでしょう。

認定エステティシャンになるためにはスクールに通いながら、筆記試験と実技試験に備えます。筆記試験は参考書を購入して、自宅で勉強を行う必要があります。

エステティシャン協会が出している正式な参考書を購入して勉強をするようにしましょう。実技試験のための勉強は、スクールで学ぶしかありません。

認定校の講師の指導を受けながら、スキルアップを目指しましょう。エステティシャンの資格取得を目指しますが、実はエステティシャンの仕事をするために特に必要な資格はありません。

矛盾するようですが、働きながら認定エステティシャンを目指すことができるのもこのためです。勤務するエステサロンによっては、お客さんの施術をまかされることもあるでしょう。

実際にお客さんに触れてマッサージやフェイシャルマッサージを行う事ほど、スキルアップの役に立つものはありません。

認定スクールで覚えたことを、実践で活かすという好循環を繰り返すことで、認定エステティシャンに合格するだけの技量を身につけることができるでしょう。

そのため認定エステティシャンになるには、あまり大きなエステサロンではなく、自分も施術を行えるような小さ目なサロンを選ぶことも大切になります。

雑用だけでなく、実際にお客様と触れ合える機会を大切にして働くエステサロンを選ぶようにしましょう。

また認定校から遠く、エステ店で働きながら認定スクールに通うことができない人のために、日本エステティシャン協会は「通信教育」も推奨しています。

認定校に入学し通信教育を受けながら資格取得を目指していきます。

30代男

実技講習だけは、実際にスクールに行って学ぶ必要があります。通信教育の場合はどうしても実技がおろそかになりがちです。しかし勤務しているエステサロンでお客様に施術ができる環境なら問題ないでしょう。 

テキストの紹介

認定エステティシャンになるために必要な参考書に「エステティシャン教材セット」があります。日本エステティック協会が出している本です。

この本では、エステティックの技術をはじめとして、エステティシャンとして知っておきたい専門的な知識や、「皮膚科学」「栄養学」など基礎的な医学知識を学ぶことができます。

「フェイシャル実技理論」や「ボディ実技理論」「美容脱毛実技理論」は認定エステティシャンに欠かせない知識です。また「エステティック電気学・機器学」で、エステサロンで使用する様々な機器の扱い方を知ることもできます。さらに将来的に独立をしてエステサロンを経営するために必要な「サロンマネジメント」についても学ぶことができます。

難易度(勉強時間)

認定エステティシャンは、日本エステティシャン協会の認定スクールに通う必要があります。認定スクールの修了条件は「300時間以上」と決まっています。

そのため認定エステティシャンになるためには、最低300時間以上の勉強時間が必要になります。参考書を使って知識を学ぶための、自宅での勉強時間を含めるとそれ以上の勉強時間になるでしょう。

ただし認定スクールで勉強を修了することができれば、認定エステティシャンになりやすく、難易度が高いわけではありません。働きながら300時間以上スクールに通い続けられるかどうかが、合否を分けることになるでしょう。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】民間資格

【資格区分】なし

【受験資格】日本エステティック協会認定校で300時間以上のコースを受講など

【試験日】認定校により異なる

【試験場所】全国の協会認定校

【問い合わせ先】一般社団法人 日本エステティック協会

試験概要

1次試験(筆記試験)

論述式・120分

2次試験(実技試験)

フェイシャル(手技・機器)、ボディ(手技・機器)、ワックス脱毛、メイクアップ、マニキュア

3次試験

ケースヒストリー(16例)、小論文 提出、面接(クライアント4名×4回。フェイシャル2名・ボディ2名)

合格基準

認定校により異なる

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・