マルチメディア検定の勉強法

この試験は民間資格ですが、大きくエキスパートとベーシックの2種類に分かれます。

インターネットを使った映像・音声・データの通信・表示とパソコン、ネットワーク、Web関連の知識を習得する必要があります。

マルチメディアの基本的な知識の勉強

マルチメディアというと、従来のデータ通信だけでなく、映像・音声の通信も含まれます。

したがって、映像データ等の通信の基本的なコミュニケーション技術やネットワーク設備等の知識を習得する必要があります。

テキスト主体でデータ通信方式や、画像情報・音声情報の構成や伝送方式等の仕組みも理解することが必要です。

デジタル機器の知識習得

マルチメディアでは、映像・音声・データコンテンツを作り、視聴するとための端末が必要です。

具体的にはパソコン、タブレット、スマートフォン等が挙げられます。

これらのハードの機能や機器構成等の知識画求められますので、各端末の基本的な技術な勉強となります。

コンテンツの知識

映像情報、音声情報、そしてデータ情報をどのように加工・編集してコンテンツを作っていくのか、そして作られたコンテンツの管理の方法も勉強が必要です。

ネットワークの知識

特にインターネットの構成やネットワーク形態を理解する必要があります。

マルチメディアコンテンツをWeb上に掲載するためのアップロードの仕組み、コンテンツダウンロードや、ストリーミングといったデータの流れや、そのために必要なネゴシエーションの技術も理解しておかなければなりません。

インターネットの利用方法

現在では、ネットの利用方法やニーズが多様化しています。したがって、インターネットの活用実態やこれからの潜在的需要も先取りした見方をしておくことも必要です。

ネットの用途は、ビジネス・個人のニーズと幅広いので、特定分野に留まらず全体を横断的に知っておくことが大事です。

セキュリティ関係の知識

インターネットでは、個人・企業問わず、情報漏えいのリスクがつきまとうことが常です。これらのリスク対策や事前防止策の技術的知識、そして情報管理方法のあり方を勉強します。

マルチメディアの検定については、このようにデータ、ネットワーク、Web、端末のハード・ソフト系の技術的知識を勉強すると同時に、実際の用途の理解と広い範囲で、問題が出題されます。

上記の各パートの専門テキストも数多く扱われていますので、まず基本的な内容を理解することと、各パートの相互関係も理解していくことが必要です。

テキストの紹介

マルチメディア検定 公式問題集

受験者数・合格率

エキスパート

時期 受験者数 合格率
2016年前 555人 34.8%
2015年後 532人 32.1%
2015年前 446人 27.3%
2014年後 486人 42.1%
2014年前 546人 32.9%

ベーシック

時期 受験者数 合格率
2016年前 782人 75.1%
2015年後 1,338人 73.2%
2015年前 1,394人 64.1%
2014年後 1,474人 76.9%
2014年前 1,626人 70.5%

難易度(勉強時間)

ベーシックの合格率は7割を超えていますが、エキスパートになると、かなり難易度が高くなります。合格率は3割を割り込む程です。

それだけにテキスト主体の基本的知識をマスターすることと、過去問題集で出題傾向を知っておくことも大事です。

また、マルチメディアの用途や将来的なニーズについては、業界誌、専門誌弟定期的に確認をしておくと良いでしょう。

トータル勉強時間としては、週20時間程度は、保ちながら勉強が必要でしょう。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】民間資格

【資格区分】エキスパート、ベーシック

【受験資格】なし

【試験日】7月中旬、11月下旬

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】CG-ARTS協会

試験概要

筆記試験(択一式:10問)

合格基準

100点満点中70点

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・