司法試験の勉強法

現在、多くの弁護士や検察官、裁判官などを目指して司法試験の受験勉強などをされたりしている方も多くおられる事とは思います。

それでも合格率の高さや突破をしなければならない同試験においての受験種類なども幾つかありますので、なるだけそれらの対策を同時に行えるような受験勉強の方法がどうしても必要になります。

そこで、やはりまず法律の専門家を目指していくうえで、各司法試験予備校が行っている入門講座の受講や、市販本である司法試験用の入門テキスト全基本5法分全てを購入して勉学していく事が必須になります。

これら2つのどちらかのやり方で、現在の我が国での法体系の基本を確実に押さえておくことが必要です。

これをやらなければ短答式試験や論文試験あるいは口頭試問、法科大学院試験などをクリアしたりする事自体が大変困難だからです。

いくら何年か前の旧司法試験などのような難易度が無くなったとはいえ、依然基本的な5法を中心とする法学の基礎の確実な心得などを問われたりする事には間違いがありません。

このため、普段から時間の合間を見ながらこまめに基本5法の入門テキストでの勉強をしておくことがとても大切です。それでもどうしても勉強の時間の確保などが出来ない場合などにはどうすればよいのか。

そういった場合には、市販本である基本5法分(あるいは7法分)の択一条文問題集を全て購入し、それらを朗読するようなカタチで日常生活において時間の合間にこまめに読んでいくといったやり方があります。

この方法なども大変効率的に無駄なく勉強できるといったメリットがありますので、時間に余裕が無い方などにはオススメかもしれません。

30代男

実際には大変そうな司法試験での勉強法の内容について触れましたが、本当に大変な事には変わりがありませんので、とにかくやってみるしかありません。

テキストの紹介

>>テキストを探す<<

勉強時間の目安

毎日8時間程の勉強時間で、2~5年程の勉強期間が必要になります。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格法令】-

【資格区分】なし

【受験資格】法科大学院課程の修了、もしくは司法試験予備試験の合格者

【試験日】5月

【試験場所】札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

【問い合わせ先】法務省

試験概要

試験は「短答式」と「論文式」で実施されます。

合格基準

法務省ホームページでご確認下さい

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2015年 8,016人 23.08%
2014年 8,015人 22.58%
2013年 7,653人 26.77%
2012年 8,387人 25.06%

試験難易度

数ある国家資格の中でも、公認会計士と医師国家試験と並んで、最難関の資格と言われているので、そりゃ難しいです。

皆さんの勉強法を掲載

・・・募集中です・・・