クリーニング師には筆記試験と実技試験の2種類があります。

そのため、クリーニング師の勉強としては2つを同時に行っていく必要があります。

クリーニング師の勉強方法

まず最初にクリーニング師は、洗いや仕上げを行うクリーニング所に1名以上置かなければいけないと言われています。このクリーニング師の独学での勉強法や試験の難易度を書いて行きます。

クリーニング師は学科試験と実施試験があります。実施試験ではワイシャツのアイロン仕上げや、繊維の識別などもあります。中学校以上であれば、性別、年齢、学歴など関係なく受験する事が出来ますが、独学でしたらクリーニング店等で実務経験を積むかクリーニング学校で学んでから受験するのが多いです。クリーニング師試験に合格してから免許申請をします。

クリーニング師の勉強方法は暗記力がほとんどです。クリーニング専門学校で知識や技術を学ぶ方法と独学で学んでいく方法がありますが、専門学校の方が実施も教えてくれるしより早く覚えます。

簡単なようでクリーニングの専門書を読んでも一度では理解出来ない事が多いので理解をしながら読んでいくのが必です。クリーニング師は全国で試験が受けられる国家試験という事もあり、受験場所によって実技が無かったり内容が違うので、もし実技に自信がなかったら、アイロン実技が無い千葉県などを選ぶのもいいです。

試験の内容で布の種類や薬剤を判断して当てる問題もありますので、より多くの繊維や素材を知って置く事が必要です。過去の問題集がありますのでテストや実戦形式で時間を図って慣れておくのが必要です。その他、クリーニング組合が試験日に併せて、試験対策の講座を行うので家で暗記の勉強をするよりかは効率がいいです。

勉強のポイントとして教本は必須です。教本よりも過去問が重要です、何年も前のをやっていれば、出てくる箇所がわかってきます。数字が使われている場所や、法律関係、免許取得後の再発行手続きや執行する条件はかなりの頻度で出てきますので暗記するぐらいの勢いで覚える必要があります。

実施の試験で一番大変なのがYシャツのアイロンがけです。Yシャツと言っても色々なパターンがあり、素材や、形シワの付き方などでアイロンがけの仕方が異なります。これは日々練習する事が必要です。最低でも一日5枚から6枚はアイロンで仕上げるようにする事です。

合格条件として、制限時間内にたたみまで完了して乾いている事ですので、時間配分を気を付ける必要があります。制限時間を超えてしまいますと、不合格になってしまいますので注意が必要です。

クリーニング屋の選び方

クリーニング屋はチェーン店として経営されているところと、個人店として営業しているところがあります。

チェーン店ですと、同じアルバイトの方が多いため、クリーニングとしての知識を得たり、質問したい場合に独自の経験で言われることがあり、自分が勉強している内容と違いが生じて混乱してしまうことがあります。

個人店の場合だと誰かがクリーニング師の資格を持っているはずです。

家族で経営しているところが多いと思いますが、その家族みんなでクリーニング店を経営をしているならば、誰か家族でクリーニング師を持っている人が全員に適切な方法を伝えているはずなので、クリーニング師ではない人とシフトを組んでいる場合でも適切な内容で教わることができる可能性が高いです。

そうなると勉強としての知識も効率よく得ていきやすいと言えるので、個人店かチェーン店のクリーニングで選択するならば、個人店でアルバイトとして経験と勉強を行うのが良いです。

ただ、個人店で家族で行っている場合はアルバイトとして入りにくい点もあるため、もし個人店で働くことができなかったならば、チェーン店で働いて勉強するほうが良いです。

チェーン店でもクリーニング師としての勉強と経験は培うことができるので、損とはなりません。

クリーニング学校で勉強

クリーニング師を目指す点で学校に通うこともできます。

定期的の学校に行くためやる気を損なわず知識を増やすこともできますし、独学では難しい実技もアドバイスを受けながら習得していくことができます。

クリーニング師の実技は自分で自由に行うようなものではないので、実技に関しては適切なアドバイスを聞くことができる場所でしっかり確認してもらうことが大事です。

30代男

学校ですとその点はクリーニング店よりも正確なため、正確な実技の習得が期待できます。

テキストの紹介

評説クリーニング クリーニング師編」はクリーニングの業法の基本問題を抑えることができます。

クリーニング業法は配点が高いのでその問題を覚える点で役立つことができます。他の問題も出てきて、試験でも参考書などから数字だけを変えた同じような問題が出てくることが多いため、この本の問題を解いて行くだけでも試験対策とすることができます。

この本の勉強によってある程度のクリーニング師の試験の問題対策をすることができます。

よくわかるクリーニング教本―クリーニング師編」は過去問の問題が多く出題されているため、筆記試験対策として活用できます。

基本的な問題が多くあるため、この本の問題集をしっかり理解しておけば、ある程度の問題を解くことができるはずです。

難易度(勉強時間)

クリーニング師は勉強すれば3ヶ月ほどで習得が可能です。

資格自体の筆記問題は暗記をすれば良いものが多いので、1日2時間の勉強を3ヶ月行っていけばほぼ問題を解くことができるはずです。

ただ実技の試験だけは自分でアイロンをかけたりして行っても方法が違えばだめなので、学校やクリーニング店で働いていかに3ヶ月の間で要点をつかんで習得するかが鍵になると言えます。

実技も慣れてくれば難しくはないので、実技を行う量が多ければ早くクリーニング師を習得できるはずです。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格区分】なし

【受験資格】中学校を卒業、もしくは同等の知識

【試験日】都道府県により異なる

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】各都道府県環境衛生主管課

試験概要

筆記試験:四肢択一式、実地試験

合格基準

不明

受験者数・合格率

合格率は80%ほど

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・