医師国家試験の背景

みなさんがイメージしている医師の仕事とは、病院で患者さんと向き合い診察や治療をするイメージがあると思います。

そのようなみなさんと触れ合うことを行う医師のことを臨床医と言います。

また、臨床医の仕事は来院した患者さんの容態を伺い目で見る視診、実際に患者さんに触れて触診するなどを行い容態の原因を探っていきます。病名がわかった場合症状に合わせて点滴や注射などを行ったり、薬を処方したりします。

また、入院が必要な場合は精密検査を行い手術なども行います。なので、ただ単に、患者さんと直接向き合う業務内容ではなく、直接向き合わないところでも、緻密に患者さんの容態に寄り添っているのです。

また、大きな病院は専門的な分野に分かれていてそれぞれの担当の医師が治療を行います。なので、大きな病院の方が、より詳しい診察や業務内容なのかもしれません。

また、一方で、街の診療所は総合的に見る必要があるため幅広い知識が必要となります。なので、大学の病院はより専門的に、診療所などは、オールマイティに診察を見てくださるのです。

そしてもう一つの医師の仕事は、研究者としての研究医という医師です。

この仕事は、患者さんの容態をすべて改善できるとは限りません。まだまだ治療が不可能な病気や原因が分からない病気などは沢山あります。

研究医はこのようなまだ治療が不可能な病気を解明するために大学や病院で実験をし、データなどを集め治療不可能な病気をなくすため日々研究を行っているのです。

なので、この研究医は患者さんと直接接しないタイプの医師です。

医師資格の勉強法

一般的には日本の大学の医学部医学科で6年間の学業を終え卒業することで医師資格を得ることが出来ます。

しかし、医学部医学科は他の大学の学部よりも受験難易度がとても高いです。なので、入学するための受験戦争に勝ち抜くことがとても重要になってきます。

独学の勉強法としては、やはり、医学部は記憶力が良くないと膨大な量の試験内容の事柄を覚えられないと思います。

なので、電車に乗っているときや時間がある時などに単語帳を作っておいて、それを見ながら覚えるのはとても効率がよく良いのではないかと思います。

また、医学部は学部の中で一番難易度が高いので、勉強も並大抵では出来ません。

なので、もし、ここまで今日は勉強すると決めたら、それに達成したら自分のご褒美を考えると良いかもしれません。

ここまで終わったら好きなお菓子を一個食べるとか、ココアやミルクティーを飲もうと決めて、1日の中でメリハリを付けて勉強すれば、心に過度なストレスを感じること無く、勉強を楽しめるのでは無いのでしょうか。

30代男

一押しは単語帳です。単語帳は、全教科勉強法として使うことが出来ます。なので、ぜひ一度使ってみてください。

テキストの紹介

まずは問題に慣れる・・・ということで「医師国家試験問題解説」は必須です。

>>その他のテキストを探す<<

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2015年 9,434人 91.5%
2014年 8,632人 90.6%
2013年 8,569人 89.8%

難易度(勉強時間)

合格率は90%の医師国家試験ですが、受験するまでがとても長い道のりになります。

なので、例え合格率が90%だとしても、医師になるのはとても厳しく、大変です。また、入学するまでで、医学部医学科の偏差値は、全国平均で70くらいは必要になります。

高校で上位にいても、2浪3浪は当たり前みたいです。

また、医学部を卒業するまでで学費は2000万円はかかるみたいです。なので、ある程度裕福な家庭でないと、なかなか卒業するまでは厳しいみたいです。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格区分】なし

【受験資格】あり

【試験日】2月上旬

【試験場所】全国主要都市

【問い合わせ先】管轄する地方厚生局又は地方厚生支局所在地

試験概要

筆記試験(択一式、複択式)

合格基準

厚生労働省のホームページで確認して下さい

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・