ネットワークスペシャリストが求められる背景

この10年で、ネットワークの技術が非常に進歩しました。

それは。インターネットの普及・拡大が影響していることは言うまでもありません。

ビジネス業界では、インターネットを中心とした通信インフラ設備の運用抜きには、教務の運営を進めることは不可能だと言っても過言ではありません。

最新のネットワーク設備を導入し運営を考える必要があります。

一方で、ネットワーク設備を導入・運用する企業に対して、IT系企業は常に最新技術を持って、設備の更新提案から設計、導入・運営・保守支援が求められてくるようになります。

そのためには、高いスキルをを持った人材を育成していかねばなりません。

その1つの指標ともなり得る資格がネットワークスペシャリストなのです。

ネットワークスペシャリストの範囲は広い

ネットワークと言っても、その範囲は、大変広く、ネットワークの基本的な通信技術、原理や最新技術動向、そして、企業におけるシステムのあり方、運営、監査と言ったテーマが試験の出題範囲になります。

また、実践的なスキルも求められて、ある企業を想定してネットワーク設計、運用、保守についての問題も出題されていきます。

したがって、ある特定分野にしぼった勉強では合格が難しく、広い範囲での知識取得が必要になってきます。

ネットワークスペシャリストの勉強法

試験に合格するためには、試験の特性を知っておくことが必要です。どのような資格の勉強をするにも、過去の問題を解くこと方法を行います。

しかし、ネットワークスペシャリストの場合、かなり出題範囲が広いのですが、まず基本的な技術的な知識を理解しておかねばなりません。

そのためには、ネットワークスペシャリストの参考書を読みながら勉強することが必要です。

情報処理からネットワーク技術まで、広範囲になるために読破・理解するのに時間がかかってしまいますので、概要を掴む程度にすることでもよいでしょう。

その継ぎに過去の問題集をつ数多くの方こなすことが必要です。

この試験では、質問の意図をきちんと理解しておかないと、回答に迷うことになります。出題の傾向を知っておくにも過去問題を解くことは、大変、参考になってきます。

また、解説欄も詳しく技術的な説明がなされているので、それを理会しながら復習することも大事です。

30代男

日経などでもネットワーク関係の定期購読誌がありますので、これも購読し続けることも、とても効果的です

テキストの紹介

テキストを探す

受験者数・合格率

実施時期 受験者数 合格率
2014年 13,215人 13.9%
2013年 13,288人 14.3%

難易度(勉強時間)

ネットワークスペシャリストの場合、かなり出題範囲が広くなっています。

IT関係の資格試験としては、難易度か高く合格率もて10〜20%というレベルでしょう。

試験のトータル的な勉強として、週に20時間程の時間を費やす必要があると思われます。

現業でネットワーク関係の仕事に従事している人でも、かなり難しいと感じるレベルなことから、初心者が受ける場合には、前持って勉強に時間をかけて、横断的な知識修徳も求められてきます。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格法令】

【資格区分】 なし

【受験資格】 なし

【試験日】10月中旬

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター

試験概要

試験は多肢選択式(四肢択一)と記述式で実施されます。

合格基準

各項目ごと満点の60%以上の正解率

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・