情報セキュリティスペシャリストの勉強法

ビジネス業界をおいては、インターネットや情報システムを中心としたIT設備が、経営のインフラとなっています。

このインフラ設備は常に最新の機能を有し、あらゆる情報を収集して活用できるようにしておく必要があります。

多くの情報から適切で且つスピーディーな経営判断を促すためです。

しかし、これらの経営基盤とも言えるシステムを構築・運用・維持管理するためには、情報セキュリティを確立させておくとが重要です。

これは情報設備を運用する主体者において、社会的義務とも言えるのです。そのために求められる資格として、情報セキュリティスペシャリストがあります。

自社においても、情報システム機器をソリューションビジネスとして電解している企業でもクライアントの信頼と実績を確立させるためには、この資格を有する人材を配置しておくことが必要なのです。

情報セキュリティスペシャリストは、選択式の問題と記述式の問題があります。

これらの内容は、情報システム、ネットワーク、コンピューター、ソフトとITにてまつわる幅広い仕事範囲からの出題となります。

したがって、試験対策としては、ITに関する基礎的な技術的なの知識歯もとより、最新技術も理解しておく必要があります。

また、問題はより実践的な内容が出題されますので、情報セキュリティ特有の脆弱性や脅威を分析し、それに有効なシステムの構築や企業のセキュリティポリシーのあり方までも熟知しておかねばなりません。

この試験に合格するためには、実験的なケーススタディを想定した問題集をこなしていくことが、効果的な方法となります。

過去問題集の活用もある程度の効果はありますが、想定問題集の中で、想定されたシステム構築のケースや設備更新の際の準備の方法、対策の講じ方などと、自らがシステム設計を取り組んでいるように、リアリティの高い実戦問題を解いていくことで、基礎的な知識をどのようなの場面で活かすことができるのかをマスターするつもりで、解くことが効果的な勉強方法です。

また、あとは専門雑誌の定期購読もおすすめです。

専門雑誌荷は、常に最新の情報館掲載されていますし、情報セキュリティスペシャリストの試験対策のコーナーが設けられており、実践さながらの勉強をここでも行うことができます。

30代男

情報セキュリティスペシャリストは常に深化、変革しているITの内容を把握して、具体的な用途やシステムに結びつくかをイメージさせながら、内容を理解しておくことが必要なのです。

テキストの紹介

テキストを探す

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2014年 36,104人 14.0%
2013年 35,905人 13.9%

難易度(勉強時間)

試験の難度はかなり高いと認識されています。

出題範囲が広いことと、より実務的なレベルでの問題が出させるためで、セキュリティの基本的な知識を覚えるだけでなく、その項目がどのような場面で必要なのか、当てはまるのかも理解しておくことが大事なのです。

したがって、勉強するに基礎知識マスターで2時間、実践問題集の勉強で2時間、できれば最新動向の勉強で1時間。

1日5時間は確保してほしいところです。

沙羅に休日など、まとった勉強時間が取れる日は過去問題集をこなしていくと良いと思われます。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格法令】

【資格区分】なし

【受験資格】なし

【試験日】4月中旬、10月中旬

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター

試験概要

試験は「午前Ⅰ」「午前Ⅱ」「午後Ⅰ」「午後Ⅱ」の4つのカテゴリで実施されます。

合格基準

  • 午前Ⅰ:満点の60%以上
  • 午前Ⅱ:満点の60%以上
  • 午後Ⅰ:満点の60%以上
  • 午後Ⅱ:満点の60%以上

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・