システムアーキテクトの勉強法

企業における業務内容の分析力の養成

この資格では、円滑な業務を遂行できるためのシステムを構築する人のための資格です。したがって、具体的な業務のあり方を理解できるスキルが求められてきます。

業務の仕組みは、企業・職種・部門により、形態がことなってきます。したがって、どのような組織に即した業務パターンを熟知することと、すでに運用されている業務の課題抽出法をケーススタディ形式で理解しておくことが必要です。

業務に必要なシステム形態の理解度向上

業務によって、システムの形態や規模は様々です。

集中処理型や分散処理型の業務システムに大別されるシステム形態の特徴、メリット、デメリットの理解を深めつつ、システムを構築するハード、ソフトの種類も知っておくことが大事です。

最近は、ハードのコンピューター性能やOSの種類もかなり高度化しているので、どの程度のスペックのハードが、業務に最適なのかも調べておくことが求められます。

アプリに関しては、パッケージ化されているソフトが利用できるか、それとも特注開発が必要なのかも出てきます。

最近は、クラウド型の仕組みも出てきていますので、自主設備であるオンプレミス型とクラウド型の違いも勉強しておくと、より実践的な知識が高まります。

一方で分散処理型ともなると、企業の支店や窓口業務にも、フォーカスが当てられるので、クライアントとなる端末系やネットワーク系の技術的な知識から設計に応用できるノウハウ間でも把握しておきたいところです。

また、全体システムの情報セキュリティーの構築やそれに伴う組織的な対応・ルール作りのあり方・進め方も、どのようなポイントが重要なのかも、勉強しておくことです。

システムの要件定義の進め方

対象部門の業務の仕組みやシステム形態が理解できた上で、初めて使用の要件定義が作れるようになってきます。

要件定義を決めるに当たり、各ワーキンググループを作ることから始まり、そのグループへの目的と運営の同義付けのやり方という実務的な進め方を理解して、具体的なプランニングをどのようなスケジュールで、共有しながら遂行していく方法を理解することが重要です。

また、スケジュールに合わせながら、各ワーキンググループの進捗度のチェック&フォローの方法も熟知しておくことです。大きな業務システムになれはなる程、課題が次々に発生してくることは珍しいことではありません。

30代男

強いリーダーシップを示しながら、進んで行かなければなりませんので、ブロジェクトリーダーとしての資質的な要件もしっかりと勉強しておくことです。

テキストの紹介

システムアーキテクト 合格テキスト」は、資格に求められる条件を明確に理解しやすく、かつ、効率的な勉強だきるようにまとめられています。

システム設計・構築に必要な知識や技術が体系だって理解できるようになっており、要件定義のまとめ方、システム形態の選択・設計方法、そして、業務知識を重点的に学ぶことができます。

限られた時間の中で、習熟できるように理解度の深められやすい項目から順番に進行していくので、テキストに従って、勉強することで、資格に必要な知識をマスターできるようになっています。

しかも、各項目毎に重要なポイントが一目で理解できる欄が設けられていますので、予習・復習的な使われ方にも配慮されています。

>>その他のテキストを探す<<

難易度(勉強時間)

この試験の合格率は15%程度と非常に難易度の高い資格試験です。

資格で求められるのは、単なるシステムの技術的な知識だけではなく、プロジェクトリーダーとして、システム構築を進めるための要件が必要なので、技術的な知識から実務運用までの理解をしなければなりません。

これら広範囲に渡る勉強をする必要があるので、トータル的には実務経験を要するもので200時間程度の勉強時間を費やすことを前提に、日々の勉強スケジュールを組み立てて行くことが必要です。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格区分】なし

【受験資格】なし

【試験日】10月第3日曜日

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター

試験概要

筆記試験(四肢択一、記述式、論述式)

合格基準

  • 午前Ⅰ:満点の60%以上
  • 午前Ⅱ:満点の60%以上
  • 午後Ⅰ:満点の60%以上
  • 午後Ⅱ:ランクA

受験者数・合格率

実施時期 応募者数 合格率
2015年 8,181人 13.2%
2014年 15.0%
2013年 14.1%

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・