サービス接遇検定の勉強法

サービス接遇検定の試験で大切なことは大きく分けて3つあります。

1つ目は、笑顔でお客様と接しているか。

2つ目は、お客様の立場でたって商品がよりお得になるように説明できているか。

3つ目は、明るく張りのある声で接客をしているかです。

サービス接遇検定準1級の試験は5名ほど試験会場に行き、実践に移ります。

2級までは筆記試験なので、過去問を解いたり、自ら八百屋さんやお魚屋さんなどを訪ねて、接客の仕方を勉強することも十分対策になります。

先ほど準1級の試験は5名ほど、控え室から試験会場に行って試験を受けると言いました。

試験は早くて10分程で終わりますが、サービス接遇検定の準1級では、1番先頭でない限り、他の受験者の試験を見ることができます。

もちろん待っている間も試験なので私語はせず自分の時が来るまで静かに待っていることが求められます。

準1級では筆記はなく実践する試験です。

笑顔を絶やさずに、はきはきと明るく接客をしたら良い評価を貰えます。

テレビでの食事レポート、食レポでよく耳にするみずみずしいや弾力があるなど、その食物の特徴や新鮮さを伝えるとよりよい接遇として認められます。

実践テストの時には、初めに無農薬の野菜なんですとお客様に紹介しておくのも良いでしょう。無農薬と言っておくと安心して食べられますし、無農薬だから家族の健康にも良いですよと商品を良いイメージにしてくれます。

サービス接遇検定は基本的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢を見ています。いらっしゃいませや、今日は何をお探しですか等は当たり前のことで、その他でお客様とどう接しているかを試験官はチェックしています。

またお客様の目を見て話をすることや、手を動作に加えて、商品を説明することも必要とします。

また対策として、車を運転している際に独り言でいらっしゃいませから接客をイメージしながら言葉に出すことも大切です。

会場はそれぞれだと思いますが、広い会場では声が届かないこともあり、せっかく良い接客をしているのにも関わらずに不合格になってしまうことがあります。

日頃から接客をする時には適切な声量とはきはきと明るくを心がけて接客すれば、合格も間違えないでしょう。

30代男

比較的サービス接遇検定は優しい検定です。2級までの試験は選択問題が大半で、また問題の出方は秘書検定と似ています。筆記試験を受ける際は文章の内容理解力もないといけないので、よく読むことと、見直すことを心がけましょう。

テキストの紹介

基本的に勉強で使うテキストは1冊で十分です。

実務技能検定協会から出しているテキストを利用しても良いですが、個人的には「坂尾 眞理子」さん著書の「サービス接遇検定試験 合格テキスト&問題集: これ1冊で合格のポイントがよく分かる」は説明が分かりやすく、過去問の内容も細かく説明しているのでお勧めします。

>>その他のテキストを探す<<

受験者数・合格率

2015年6月

区分 受験者数 合格率
1級 532人 34.6%
準1級 3,301人 76.1%
2級 9,379人 84.9%
3級 12,801人 91.6%

難易度(勉強時間)

1日30分の勉強を半年続けるだけで2級のレベルは取れる可能性はあります。

接客に日頃から携わっている人で、文章問題が得意な方は20分の毎日を半年続けるだけで取れるぐらいの比較的優しい検定です。

しかし対策はしっかりとしていないとしっかり身につかないので優しい検定だからとはいえ、過去問を解いたり接客業のイメージトレーニングをして対策を練ることが大切です。

野菜などの食物に関わる、みずみずしいなどの良い言葉を研究して本番は臨んでください。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】民間資格

【資格区分】1級、準1級、2級、3級

【受験資格】なし

【試験日】6月・11月中旬

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】公益財団法人 実務技能検定協会

試験概要

1級

筆記試験(記述式)、面接試験

準1級

面接試験

2級・3級

筆記試験(択一式)、面接試験

合格基準

筆記試験と面接試験でそれぞれ60%以上の得点率

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・