建築施工管理技士の勉強法

建築士をはじめ建築に関する資格は多く存在しますが、施工監管理の仕事において重宝されるのが建築施工管理技士の資格です。

試験勉強を効率的に進める為にもはじめに試験内容について大まかに説明したいと思います。

試験は、学科試験と実技試験に分かれており第一関門である学科試験を通過する為には、四肢択一(マークシート方式)で出題される施工学、建築法規、施工管理を攻略する必要が有ります。

建築工事全般に関する問いが多く出題範囲が広いのが特徴です。その反面建築知識全般を理解できれば、2級建築施工管理技士においてはより詳しい知識は求められていないと言って良いと思います。

上記の理由から2級建築施工管理技士おいては建築全般に関する知識を広く浅く勉強する事が合格への近道です。

資格取得支援学校に通学するのも一つの手

資金的に余裕がある人や建築全般に関わる知識が無い人は大手の資格取得支援学校に通学する事が良いと思います。

それらの学校では過去問題から試験の傾向を分析し効率的に合格へ導くと共にしっかりとサポートが受けられ、その場で疑問点を確認出来るので多くのメリットがあると思います。

テキストの選定

しかし独学で合格できる資格でもあると思いますので、限られた時間の中で効率的に勉強する為には、自分の思考に入りやすく書かれたてテキストに出会う事が大切です。

建築施工管理技士に関するテキストは大手の3社が有ります。

3社とも記載されている内容や範囲にはそれほど大きな違いは有りませんが、その中で自分の知識に入りやすいまたは、理解しやすいテキストを選んで頂きたと思います。

また前記したように建築施工管理技士の試験範囲は広いので、合格ラインを通過する為にも全体を満遍なく点数を取り自分の苦手分野でも点数が稼げるように苦手分野に関する説明がきちんとなされたテキスト探しも重要になります。

またテキストによる基本知識が定着してきたら、平行して過去問題を勉強する事をオススメします。

過去問題を多く解く事で試験全体の流れや内容が明確になり、建築全般に関する知識も深まります。過去問題を集めたテキストも販売されているので自分にあったテキストを見つけましょう。

実技試験

実技試験は普段の業務から施工管理に関する実務が問われる試験になっています。

実技試験においても過去問題を解いて自分の言葉で施工管理に対する知識を述べれるように、過去の参考例を読み解き管理における注意点などを復習する事で合格ラインに達する事が出来ると思います。

30代男

近年の試験傾向として少し知識が掘り下げた問題が出題されていますので、全体的に効率良く理解しどの分野でも点数が取れるように試験勉強をする事が合格への近道に成ります。

テキストの紹介

>>テキストを探す<<

受験者数・合格率

2014年度の合格率は、

  • 1級:学科試験:41.6%、実地試験:40.2%
  • 2級:学科試験:47.9%、実地試験:33.5%

難易度(勉強時間)

建築施工管理の知識全般が問われ試験範囲は広いので、試験6ヶ月前から学科試験の勉強をスタートすれば合格ラインに乗れると思います。

通勤時間や、休日を利用し1日に平均2〜4時間の試験勉強時間が取る事が大切です。また試験3ヶ月前ぐらいから過去問題を継続して解いて自分の苦手な分野を少しでも減らして行きましょう。

また実技試験を合格する為にも普段の管理業務において試験で注意する点を意識しながら仕事をすると試験のイメージが広がり、自分の言葉で回答しやすくなり合格へと近づくと思います。

※あくまで目安なので個人差はあります

試験情報

基本情報

【資格種別】国家資格

【資格区分】1級、2級

【受験資格】学歴により実務経験が必要

【試験日】1級:6月(学科試験)、10月(実地試験 )、2級:11月

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】一般財団法人 建設業振興基金

試験概要

学科試験、実地試験

合格基準

1級

  • 学科試験::60問中36問以上正解
  • 実地試験:満点中60%以上の得点率

2級

  • 学科試験::40問中24問以上正解
  • 実地試験:満点中60%以上の得点率

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・