教員採用試験の勉強法

教員採用試験は、市区町村単位、または政令指定都市単位でで採用試験が行われます。日程さえかさならなければ、他の自治体の試験を受けることも可能です。

教員採用試験は、一次試験で教養や専門性、二次試験では人間性や教員としての適正を見られます。出題内容も幅広いので、まだ教員採用試験を受けたことの無い人にとってはどんな勉強をすればいいか分からないかもしれません。

一般的に一次試験では一般教養と教職教養で判定されます。二次試験は面接、論作文、模擬授業、実技、集団面接、集団討論などで判定されます。

ほとんどの都道府県、政令指定都市では、一次試験に一般教養、教職教養、専門の学力試験を実施しています。そしてその出題範囲はかなり広いです。

そのため高校や大学の試験とは異なり、いわゆる直前に猛勉強してパスするなんてことは不可能でしょう。つまり教員になると決めたら早め早めに少しずつ教員採用試験に向けて計画的に勉強しなければなりません。

早くから計画的に勉強を始めなければなりません。もちろん教員になるためにはあらゆる勉強を選り好みせずにしなくてはなりません。

まずは教員採用試験に受からなくては始まりませんので、限られた時間の中で最適な勉強をする必要があります。必ず自分が受ける都道府県の情報をチェックすることも必要です。

一次試験の勉強法としては、まず自分が受験する都道府県、政令指定都市の出題傾向を掴むことが最も重要です。

なぜなら、出題傾向を掴むことでその分野を重点的に勉強することが出来、効率的に点数が取れるようになるからです。

逆に出題されない分野を闇雲に勉強しても点数に繋がらないので意味がありません。よく出題される分野を見落としていれば泣きをみます。

各都道府県、受験種別によって専門の学力試験の様相はガラリと変わります。

過去問をよく見れば、出題形式や出題傾向が分かると思いますので、それを知っておくだけで効率的かつ見通しを持って勉強することが出来るでしょう。

見通しを持った計画を立てることが必要です。教員採用試験までにどんな分野を勉強しなければならないのかノートに書き出します。そのためにはどんなタイムスケジュールを組まなければならないのかしっかりとした計画を立てましょう。

いざ立てた計画通りに勉強しようとしても、慣れない分野の勉強はなかなか進みません。そのため最初の勉強量は少なくするのがポイントです。

ここで躓いたら長期的な勉強なんてとても出来ません。精神的怠慢は論外ですが、日によっては勉強できない日もあるかと思います。

一度勉強をしなければ緊張感が弾け飛ぶ怖さもあるので、出来なかった日は必ず次の日に行いましょう。

30代男

このように長期的な計画を立てて習慣化を行うことが重要です。大学で忙しい日々を送っていても余裕を持った教員採用試験の対策が出来るはずです。

テキストの紹介

>>テキストを探す<<

受験者数・合格率

調査中

難易度(勉強時間)

試験の難易度としてはかなり難しいと言えるでしょう。少子化の影響もあり、採用数が年々減っているのが実状です。

都道府県、政令指定都市によって異なりますが、教科によっては採用なしなんて言う年もあります。在っても一人、二人なんて言う年はしょっちゅうあります。

教員採用試験を受けることにしたら、小中高のどれかまた、どの教科を受けるのかを慎重に考えなければなりません。この選択は非常に重要です。

大学によっては入学してから選ぶことも可能なところもありますが(教育学部など)入学してしまうと選択肢が狭まるのが一般的です。

教員を目指すのであれば、大学受験の時からスタートしていると思わなくてはなりません。志望大学を選ぶ際は慎重に選択しなければなりません。

※あくまで目安なので個人差はあります

皆さんの勉強法を掲載!

・・・募集中です・・・