アロマテラピー検定は2018年4月時点で2015年7月の改訂版が最新となります。それ以前のテキストであると新たに加わった問題は入っていないことがあります。

よって、テキスト購入の際には発行年月日、もしくは「公式テキスト2015年7月改訂版対応」の表記を確認してから購入してください。

また、実際の精油の嗅ぎ分けのテストも少ないですが出題されますので、テキストだけではなくそれぞれの級に応じた香りテスト用の精油キットなどを購入して対策することをおすすめします。

アロマテラピー検定のおすすめテキスト・参考書

しっかりと学ぶなら「アロマテラピー検定公式テキスト1級・2級」

アロマテラピー検定を開催している日本アロマ環境協会から出版されている公式テキストです。

検定の出題範囲もこの公式テキストに準拠した内容となっているのできっちり勉強したい方におすすめです。また、上位資格であるセラピストなどを視野に入れている方にとっても大切なテキストになってきます。

1級と2級に分冊されていますが、もし1級から受験したい場合は1級のテキストだけでも問題ないようになっています。

ただし、公式での推奨は1級だけ受験する場合でも、1級と2級両方のテキストの使用になっているので少しでも余裕のある場合、もしくは不安のある場合は両方のテキストを使用することにしてください。

アロマテラピー検定公式テキスト1級〈2015年7月改訂版〉

アロマテラピー検定公式テキスト2級〈2015年7月改訂版〉

効率的に勉強するなら「1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集」

市販のテキストとしてよく売れているテキストなので、たくさんあるテキストのなかでどれを買えばいいのかわからないとお悩みの方や公式テキストを1級と2級の2冊も高くて買えないなんて方におすすめです。

こちらは1冊で1級と2級の両検定に対応しています。赤シート付なので重要な語句などを隠して効率よく学習することができる他、取り外し式の用語集もついています。

用語集は別冊なので持ち運びが便利になっており、外出時などのスキマ時間の活用にも有効です。さらに別冊の内容の中には「香りイメージシート」があり、香りテストにもこれ一冊である程度は対応できます。

また、復習用の一問一答問題だけではなく模擬問題が4回分も入っているので、まさしく試験に特化した内容になっています。

1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集

わかりやすさを重視するなら「マンガで合格! アロマテラピー検定1級・2級 テキスト+模擬問題」

かわいらしくて癒されるイラストと四コママンガで初心者でもわかりやすく最初から最後まで丁寧に解説している飽きの来ないテキストです。

興味はあるけど普通のテキストでは難しそう、勉強が苦手、そんな風に尻込みしている方には特にうってつけの内容になっています。

また、アプリにも対応しており、出先でスマートフォンを使用して手軽にクイズ感覚で勉強もできます。さらには基礎だけではなく、合格後にも使用することのできる別冊の実践ガイド付きなのでとことんやりこめる充実したテキストです。

情報のやや少ない検定試験当日の香りテストに関しても流れが書いてあり、これを読めば安心して試験を受けることもできます。

珍しいことに紙の書籍だけの対応ではなく、電子書籍として対応しているので、いつでもどこでも省スペースで本書を学習することが可能になっています。

(スマホ問題集付き)マンガで合格! アロマテラピー検定1級・2級 テキスト+模擬問題

アロマテラピー検定のおすすめ問題集

知識を定着させるなら「アロマテラピー検定試験 合格のための問題集」

市販のテキストでは基本的に問題集もセットになっていることが多いのですが、それだけでは不安、物足りないといった方におすすめです。

こちらは問題にのみ特化しており、検定の1級に準ずる練習問題を600問も掲載していて、60問で1セットになっています。

すべての問題にきちんとした解説やアドバイスが記載されているのでどうして間違えたのかがよく理解でき、間違えた問題をそのままにしないので復習もしっかりとできます。

練習問題は実際の検定よりもやや難しい内容になっていますが、どれも公式テキストには記載されているような内容なので、最終的な知識の定着の確認として効果的です。

最新テキスト対応 アロマテラピー検定試験 合格のための問題集

ポイントを絞るなら「アロマテラピー検定1級・2級 重要ポイント&一問一答」

アロマテラピー検定では暗記が中心であることに着目し、ポイントを絞った学習のできる1冊です。

こちらでは、まず赤シートを使用しながら重要ポイントを解説し、その上で一問一答問題を出題しているので効率的に短期間で合格することが可能になっています。また、一問一答も○×問題と検定試験と同じ形式の四択問題に分けられています。

初めから迷う四択問題ではなく、比較的やさしい○×問題から解いていくので段階踏んだ難易度設定で、無理なく着実にレベルアップすることができます。問題数も多く、それぞれ○×問題が266問、四択問題が222問と計488問にわたります。

さらには他のテキストよりもコンパクトで持ち運びしやすい作りになっているので、自宅ではテキストで詳しく学習し、外出時には本書で復習という活用法もできるようになっています。

1週間で合格! アロマテラピー検定1級・2級 重要ポイント&一問一答

アロマテラピー検定の情報