ドイツ語技能検定のお勧めテキスト・問題集・過去問を紹介

ドイツ語技能検定は、ドイツ語の勉強をしている方には、何か目的があった方が勉強もスムーズにできますし、クリアすることで自分に自信が持てるようになります。

ドイツ語の文法・勉強の仕方・単語など様々な流れを把握することが重要になるため、しっかりと基礎を固めることが大切になります。

テキストを選ぶ場合、ドイツ語技能検定で文法が分からないときに調べる参考書など活用することが必要です。参考書や問題集を上手に活用することが、とても重要になります。

ドイツ語技能検定の問題集や参考書など、ドイツ語に関してのテキストをいくつかご紹介するので、参考にしてください。

ドイツ語技能検定に関するテキスト

スポンサーリンク

ドイツ語技能検定のテキスト紹介

最効率! 例文で覚えるドイツ語単語

こちらの単語帳は、ドイツ語技能検定(独検)5級、4級、3級、2級レベルの単語とフレーズを約1600収録されています。

テキストの特徴として、ターゲット単語を組み合わせた短い会話や例文など詳しく掲載されているので、フレーズを読みながら頭に残り、とても理解しやすいテキストになっています。単語だけで覚えるのではなく、例文として活用しているので使い方も分かり、けっこうスムーズに印象が残ります。

音声も付いているので、繰り返し聴くことができ、耳で聞き慣らしていくことができるので、かなりヒアリングのレベルアップすることができます。

CD BOOK しっかり身につくドイツ語トレーニングブック

こちらは、ドイツ語の文字と発音・基本文法・基本例文・頻出単語までを徹底して分析されており、トレーニング方式で身につけられるように構成になっています。

テキスト内に登場する単語は、巻末の和独インデックスで確認できるので、テキスト内で単語の意味が分からなくてもスムーズに調べることができ、活用しやすいテキストになっています。

文法解説後には、演習問題が掲載されているので、理解しやすい内容になっています。問題が解けない時は、前に戻り再度確認するなど、色々とテキスト内で理解できるような工夫がされているので、参考になります。

文法からマスター!はじめてのドイツ語

ドイツ語というと堅苦しいイメージがありますが、こちらのテキストは可愛らしい感じで、始めてドイツ語を勉強する方にも取り組みやすいような内容で書かれています。

最初のドイツ語入門書としても最適なテキストですし、最小限の文法ルールを簡単な「公式」で学ぶような内容なので、単語を入れ替えてみたり、単語の規則性や文法のことなで、詳しく記載され学習する上でとても活用しやすい参考書です。

ダイアログは、日本人のマイとドイツ人のシュテファンが出会い友達になる、というストーリー仕立てになっているので、楽しく会話が理解できるようになっています。

また、付録として切り離して使える動詞の活用表なども付いているので、部屋の壁につけておくことで上手にドイツ語を身につけることができます。

ドイツ語技能検定の問題集や過去問紹介

CD付・独検5級合格テクニック

ドイツ語技能検定5級からテストを受けることでドイツ語習得のレベルアップに役立てることができます。

テキストは、厳選された過去問題を各章に掲載されており、過去問を分析しているため、正解にたどりつくためのテクニックが記載されています。丁寧で詳しい解説なので、基礎からしっかりと学べ、実践力が身につく内容になっています。

付属のCDで聞き取り試験対策もでき、本試験対策の模擬試験で実力診断ができます。「文法のまとめ」「会話表現集」「単語集」など付録されています。

独検合格4週間《5級》

ドイツ語技能検定5級を4週間で学習できるようなスケジュール構成されています。過去問の内容に従い、出題内容は発音、文法、読解、聞き取りなど各分野別に対策やアドバイスを記載されているので充実した内容です。

実際の出題形式を意識しているので、よく頻出される傾向や豊富な練習問題を収録されています。模擬テストを収録し、付属のCDは、聞き取り問題・発音・アクセントの問題など豊富に掲載されているので、しっかりとドイツ語の学習ができます。

独検過去問題集<5級・4級・3級>

これは、最新版の過去問を掲載されています。5〜3級までの過去問を攻略しやすい内容になっていますし、最新のドイツ語技能検定の傾向をつかむことができるので、自分で流れを把握することができます。

苦手部分を徹底して勉強することもできるので、ドイツ語技能検定を受ける場合、重点的に勉強強化することができるなど、過去問をチェックすることで、自分の実力を伸ばすことができます。

重要ポイントの説明や詳しい解説付きなので、ポイントとする部分など学習しやすくなっています。

全問題の正解率を明示しているので、ここは正答率が高いので落とさないようしっかり点を取る部分など分析できるようになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

語学資格の本
広場太郎をフォローする
資格勉強の広場【2019年度最新】
タイトルとURLをコピーしました