社会福祉士試験のテキスト選びの注意点!お勧めの参考書や問題集も紹介

社会福祉士国家試験は、科目数が多く、出題範囲も広いです。そのため、各科目の重要項目、頻出問題等を考えてテキストを選択する必要があります。

また、実際にテキストを選ぶ際には、図表やイラスト、統計データなどが目で見てわかりやすく掲載されているものを選ぶ必要があります。なぜならば、試験科目が多いためにできるだけ短時間で、たくさんの情報を理解しなければいけないからです。

このようなことから、わかりやすい説明文とイラストや図表、統計データ、参考資料などについてある程度明確に描かれているものを選ぶことが大切だと考えます。

Amazonで社会福祉士に関するテキスト

スポンサーリンク

社会福祉士試験のお勧めテキスト参考書

社会福祉士国家試験受験ワークブック(共通・専門)

社会福祉士国家試験の試験勉強を行うにあたり、このワークブックは、基本となるテキストです。

社会福祉士国家試験は、出題範囲が広いために、勉強する内容は重箱の隅をつつくようなものになりかねません。しかし、このワークブックがあることにより、学習を通して出題傾向や重要項目を確認することができます。

各科目の最後には、その科目の重要項目や頻出問題をまとめた一問一答があります。学習した内容の確認をすることができます。

それから、国家試験の過去問題を学習する際には、このワークブックを辞書のように使い学習内容の理解を深めることもできます。

よって、社会福祉士国家試験の合格のための基礎力を高めるには、絶対に必要な一冊であると考えます。

見て覚える!社会福祉士国試ナビ

社会福祉士国家試験の勉強を進めていくためには、法令や制度、統計データ、人名や土地の名前、歴史などを学習する必要があります。

社会福祉士国家試験ではこれらの内容は、膨大な量であり情報を整理することに膨大な時間を費やす可能性があります。その対策として有効な一冊として、この「国試ナビ」が有効です。

この「国試ナビ」では、文字だけで説明しているページは1ページもありません。すべてのページにおいいて図表やイラストを多用し、「試験の全体像」をつかめるような開設がされています。
しかも、すべてのページがカラーであるため、視覚的に非常にわかりやすい構成となっています。

また、このテキストの特徴として、科目ごとの構成ではなく、関連領域ごとでまとめられているために、法律や制度が図表やイラストなどでまとめられているために、見ているだけでも理解しやすい作りになっています。

ただし、このテキストだけでは国家試験の学習としては不十分です。他のテキストとの併用をすることで、よりよい学習につなげることのできる一冊であると考えます。

社会福祉士国家試験のためのレビューブック

このテキストは、過去10年分の過去問すべてをまとめた参考書です。関連する関係法規の最新版にも対応しています。重要ポイントや出題された項目が赤字、青地で書かれています。

それから、図表、イラスト、グラフなどが用いられており、見ているだけでも楽しく学習することができます。過去10年分の過去問題を網羅しているために、ページ数は非常に多いですが、かわいい挿絵などもあり、楽しく学習することができます。

時間をかけて丁寧に学習したい人には、良い1冊であると考えます。

社会福祉士試験のお勧め問題集

社会福祉士国家試験模擬問題集

出題基準や過去問の出題傾向を徹底分析して問題が作られており、全部で450問が掲載されています。。解答編は、取り外しが可能で選択肢ごとに解説が書かれています。

開設の内容もとても分かりやすく書かれていますから、とても扱いやすい1っ冊です。

国家試験の学習のセオリー通りに多くの問題を繰り返し解くことで確実な実力を身につけることができる受験生には、必要不可欠な1っ冊です。

らくらく暗記マスター社会福祉士国家試験

社会福祉士国家試験では、非常に多くの法律や制度、人名、年号などを覚えなければなりません。それに加えて、ある程度の医学的な知識等も求められます。

特に、人名や法律の名称と年号は、覚える内容が非常に多いです。そのようなときに、この「らくらく暗記マスター」があると、非常に助けられることが多いと思います。覚えにくい人名や法律の名称を効果的な暗記テクニックで記憶することにつなげることができます。

学習していても、暗記することが苦にならない一冊ですから、暗記が苦手な人にはぜひ活用してほしいです。

書いて覚える!社会福祉士国試ナビ穴埋めチェック

好評受験対策書である『見て覚える!社会福祉士国試ナビ』に対応した穴埋め問題集です。

各分野の重要問題と頻出問題を穴埋め形式で学習し、国家試験問題を解くための実力をつけるために欠かすことのできない1冊です。

『国試ナビ』とあわせて繰り返し学習することで重要項目委や頻出項目を確実に整理し、得点アップにつなげる一冊です。

この問題集を学習することで、国家試験でもプラス10点が望めるかもしれません。この問題集には、赤シートが付いていますから、そこもお得なポイントであると考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

介護・福祉資格の本
広場太郎をフォローする
資格勉強の広場【2019年度最新】
タイトルとURLをコピーしました