境港妖怪検定の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

これから初めて境港妖怪検定の勉強をされる方は、まずは公式HP内にあるサンプル問題を解いてみてください。

問題を見てもらえば分かると思いますが、初級に関しては妖怪についてそれほど知識が無い方でも何となく解けると思います。

スポンサーリンク

目次

境港妖怪検定の勉強法

この試験に挑む方の大半が妖怪や水木しげる先生が好きな方ばかりだと思うので、初級に関しては特に対策を立てる必要は無いと思います。

と言っても、年に1度しか試験が無いので、受験するには確実に合格したいですよね・・・

ですので、初級と中級に関しては公式テキスト(下記で紹介)があるのでそちらを中心に勉強してください。

ただ、ただ中級の公式テキスト(図説 日本妖怪大全)は、ページ数がかなりあり、覚えなければいけないことが沢山あるので、ただ試験に合格するためだけの勉強では息苦しくなります。

境港妖怪検定を受験するコツとしては、いかに楽しく勉強できるのかが大事になります。

テキストの紹介

水木しげるロードの妖怪たちVI

初級と中級共通の公式テキストとして「水木しげるロードの妖怪たちVI」があります。写真がふんだんに使われているので楽しみながら勉強することができます。

水木しげるロードの妖怪たちVI

決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様

中級専用のテキストとして「決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様」があります。

字が小さくて読みにくいとの意見もありますが、1ページごとに妖怪の絵と解説がセットになって書いているので、分かりやすいと思います。

決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様

勉強時間の目安

初級に関しては、事前にどの程度の知識があるのかによりますが、10~20時間の勉強時間で十分合格できるレベルに達することができると思います。

中級に関しては、分厚い「図説 日本妖怪大全」を勉強する必要があるので30~50時間程度の勉強時間が必要になると思います。

試験内容

上級

提示されたテーマについて、1,200文字以内で述べる論文形式の試験

初級・中級

基本的に公式テキストの内容から約50問出題されるが、境港市及び調布市に関する基礎的な問題も出題される(数肢択一方式・○×記入方式・部分記入・全記入方式)

合格基準

上級

非公開

初級・中級

100点満点中、70点以上

受験者数・合格率

第1回試験(2006年)~第13回試験(2018年)までの累計

区分受験者数合格率
上級236人8.5%
中級1,819人21.3%
初級3,572人77.3%

試験難易度

先ほども言いましたが、初級に関しては妖怪に興味のある方なら、特に試験対策を立てなくても合格できるレベルなので、それほど難しくありませんが、問題が記述式もあるので当てずっぽうで正解するのは難しそうです・・・

中級になると、いくら妖怪の知識があっても試験用の勉強をしなければ合格は難しいです。

上級は論文試験になるので、かなり難しいと思います。上級受験者は中級合格者なのにも関わらず、合格率が10%以下なので難しいのはお分かりいただけると思います。

試験情報

  • 資格種別:民間資格
  • 資格区分:上級・中級・初級
  • 受験資格:上級のみ中級合格者
  • 試験日:10月下旬
  • 試験場所:鳥取県(境港)、東京都(調布)
  • 問い合わせ先:境港商工会議所、境港市観光協会(試験のHP)

試験情報の詳細は「境港妖怪検定試験の難易度・合格率・試験日など」で掲載しています。

皆さんの勉強法を掲載

さきこのアイコン画像さきこ

タイトルをタップ (クリック)したら口コミが見れるよ~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる