MENU

オラクルマスターの独学勉強法【試験対策・勉強時間など】

2020 5/10

業務に携わりながら資格取得の勉強をする方が多く、実際、オラクルマスターはSQLPlusを使ってプログラミングすることになります。

データーベースの基礎をしっかり学習することで、トラブル対応などもできるようになりますし、仕事で実際のSQLPlusを触りながらオラクルマスターのテキストで勉強すると理解度もかなりアップします。

またオラクルマスターの本には、ソフトもついているので、それをインストールすると実際の試験に近い形で学習することができます。

スポンサーリンク

目次

オラクルマスターの勉強法

テキストをしっかり学習すること

オラクルマスターは、ベースとなる構文がいくつかあるので作り方など理解しておく必要があります。

オラクルマスターはシルバー、ゴールド、プラチナとレベル分けされ、最初はシルバーから取得していくことになり、テキストもシルバーから始めることが重要になります。

基礎を理解するためには、業務に携わりながらテキストで学習していくことで、理解力にも差がでてきます。SQLPlusをインストールし、データーベースを作り、データを移動させたり色々と調整することで、構文もスッと頭の中に入っていくようになります。

頭で覚えるだけでなく実践が何より重要になってくるので、体で覚える感覚で学習していくと負担に感じず楽しく学習計画が立てられるようになります。

休み時間など短時間を利用して集中的に学習

最近はeラーニングも充実しているので、ネットに接続して休み時間などeラーニングで学習することで効率よく勉強がはかどります。試験をきちんと分析し、教材を提供しているのでeラーニングは短時間で学習できる、優れた学習内容になっています。

オラクルマスターは、パソコンで試験を行うため同じような環境を提供するようなeラーニングでの学習は、とても体験型で実際の試験により近いものになっているので学習しやすいはずです。

オラクルマスター取得でのメリット

業務でデーターベースを扱っている場合、資格取得することで更に上の仕事ができるようになり、ステップアップすることができ、また手当がつくなどお給料へ反映することになります。

資格取得のメリットは、仕事の幅が広がりデーターベースはIT業務の中でも心臓部と言っていいほど重要なポジションになるため、オラクルマスターを取得しておくことで、仕事に対しての意気込みや責任を持って仕事をすることができるようになります。

タロウのアイコン画像タロウ

認知度の高い資格ではありませんが、取得しておくことで企業でのデータベースやサーバー構築部門での活躍が期待できます。

テキストの紹介

オラクルマスターのお勧めテキスト・参考書・問題集・過去問を紹介

受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

難易度(勉強時間)

オラクルマスターはシルバー、ゴールド、プラチナとレベル分けされ、シルバー取得に要する時間は約2週間ほどで習得できるレベルになります。

個人差もありますが、eラーニングなど使用している場合、試験対策もバッチリできますし、システムに組み込まれているので安心して準備することができます。

2週間ほどでシルバーの資格取得に向け勉強すれば、ある程度の点数は取れるようになりますし、基礎レベルは十分対応できるようになります。

試験情報

  • 資格種別:民間資格
  • 資格区分:Platinum、Gold、Silver、Bronz
  • 受験資格:なし
  • 試験内容:コンピューター試験(Platinumは実技試験あり)
  • 試験場所:全国各地
  • 問い合わせ先: 日本オラクル株式会社

試験情報の詳細は「オラクルマスター試験の難易度・合格率・試験日など」で掲載しています。

スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる