プロジェクトマネージャ試験の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

この資格を有する人は、企業の中で大きな事業の柱となるようなプロジェクト案件を円滑に進めるに当たり、指導並びに監査的な判断が求められ、多くのプロジェクトメンバーの考えをまとめながら、成功に導いていく重要なポストと言えます。

したがって、プロジェクトマネージャーの資格試験を受けるためには、幅広い分野に対しての勉強会が必要になってきます。

特に企業活動の根幹となる情報システムの技術的知識や経験は、基本的な要件として持っておく必要があります。

スポンサーリンク

プロジェクトマネージャーの勉強法

情報システムと言っても、一言では当てはめきれない程広いジャンルの技術知識が求められます。システムの根幹のなコンピュータ技術。

それはハードだけでなく、専用のアプリケーションから師範のソフトやこれらを組み上げるコンピューター言語まで、知っておくことが必要となってきます。

これに加えて、システム間を結ぶネットワーク、データベース管理、セキュリティ対策まで踏み込み理解しておく事が必要です。

しかし、これはあくまで技術的な知識やノウハウについて留まっており、これに加えてプロジェクトの遂行能力も求められてきます。勉強すると項目の中には、プロジェクトで必要となる組織の立ち上げ方や課題となる問題抽出、そして、これらの問題を解決させるためのシステム要件定義のまとめ、システム設計等の実務をまとめるために、メンバー選出、役割分担、その結果、各メンバーを個々に動きしていき、理想的

システム開発を指示しながら、最終的なシステム導入・運用まで、引っ張っていかなければならないよです。

そのためには、予算管理、人材管理、プロセス管理と複数の管理項目をチェックしながら、進めていくことが必要なのです。

また、プロジェクトを進めている間でも、常に進捗状況をしながら、次回のチェックすべき項目も予想していくことも必要です。危険予知、リスク判定等の管理です。これらも理論的なので進め方、考え方を勉強しておくことが必要です。

試験問題は、論文的な筆記試験が出されます。

出題されたケースに対しての見解や対策を明確に分譲として、書いていかなければなりません。

そのようなことから、実践的な課題問題蛾だされできますので、できるかぎりケーススタディに置き換えて、模範的な判断ができるのです。

プロジェクト案件は企業において、固定的で将来に渡り常に継続されるようなことはありません。

桔梗の名運を左右しかねない収容な案件でもあるので、試験勉強範囲ははばひろく奥深いことを十分に認識して、奥深く認識しておくことかまで大事なのです。

テキストの紹介

受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年11,338人13.2%
2017年11,596人13.1%
2016年10,263人14.5%
2015年11,050人13.4%
2014年10,927人12.7%
2013年11,850人12.5%

難易度(勉強時間)

この試験は非常に難易度が高く、合格率は10数%に留まっています。

勉強法はシステム技術、組織運営論、コスト監理も含めて広い範囲の勉強となるために、1日3〜4時間以上かけて勉強を続けていかないと追いつかないとか考えられます。

この試験に合格するために独学出する少なくともありませんが、専門の講座も用意されているのでより専門性を高めるには、受講並行して受けることが望ましいと言えるでしょう。

これらの勉強を続けることが確実な勉強法だと思います。

合格基準

  • 午前:満点の60%以上
  • 午後Ⅰ:満点の60%以上
  • 午後Ⅱ:ランクA

試験情報

【資格種別】国家資格

【資格区分】なし

【受験資格】なし

【試験内容】筆記試験(多肢選択式(四肢択一)、記述式、論述式)

【試験日】4月第3日曜日

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター

試験情報の詳細は「プロジェクトマネージャー試験の難易度・合格率・試験日など」で掲載しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

ITの資格
広場太郎をフォローする
資格勉強の広場【2019年度最新】
タイトルとURLをコピーしました