秘書技能検定2級の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

秘書検定は、選択問題が8割、記述2割の試験内容で、時間は2時間10分と長めに設定されているので、時間が足りない、ということはありません。

かなり多くのテキストが出版されていますが、1冊は公式のもの(秘書検定実問題集)を購入してください。

スポンサーリンク

秘書技能検定2級の勉強法

秘書検定では同じようなニュアンスの選択問題が多いので、できるだけ多くの試験問題を解く必要があります。

ですので、1冊は公式のテキスト、2冊目以降はテスト問題が充実したものが良いです。試験問題のみのテキストがあれば、それを最低2冊購入してください。

試験勉強は、社会人の方であればすでに知っていることが多く、学生の場合は一から覚える必要がありますが、それでも必ず知っていることがありますし、常識でわかる選択問題も多くあります。

暗記は多いですが、抵抗なく取り組める分野もあります。内容は「必要とされる資質」「職務知識」「一般知識」「マナー・接遇」「技能」の5つに分かれています。

集中して試験勉強をするなら、1か月前からスタートして、60時間もあれば十分にクリアできます。

勉強方法は、丸暗記ものはカテゴリーごとにありますので、そのまま素直に覚えてください。

敬語の正誤や秘書の行動は、テキストにマーカーを引いても覚えられません。とにかく試験問題を解きまくることです。

他の暗記モノは、書いて覚えてください。または声に出して何度も読むと覚えが早いです。これもマーカーを引いても頭から抜けてしまうので、とにかく頭と手に覚えこませる方法が一番良いです。

そして、覚えたら練習問題を解く、を繰り返すと一気に頭に入ります。また、しっかりと解説を読むことがポイントです。

秘書検定は解説を読み飛ばすと、正誤の理由が分からず同じようなニュアンスの問題を落とすことになります。必ず理解するまで解説を読み、しっかりと理由・理屈を頭に叩き込んでください。

試験日2週間前から試験問題を解いてください。

試験問題は、同じ問題を少なくとも繰り返し3回は解いてください。その次に、新しい試験問題集を最低でも2冊は最後まで解き、その試験問題を2回以上繰り返し解いてください。

そうすることで、当日の似たような問題に対応できる力が付きます。秘書検定の選択問題は、惑わせるような問題が多く、社会人経験があっても、不安になるようなややこしい言い回しを多く使っています。

それに対抗するには、いくつも問題を解き、秘書検定の独特の雰囲気に慣れてもらうことが必要です。また、解説をしっかりと読み、理解しておくことが合格につながります。

問題の傾向を理解し、正解することが合格するための秘訣なのです。

テキストの紹介

秘書検定実問題集

秘書検定唯一の過去問題集になります。過去6回分の過去問が収録されています。

秘書検定では過去問の内容から多く出題される傾向にあるので、過去問を徹底的にこなしていくことが合格への一番の近道です。

問題に慣れるという意味でも必ず購入しておきたいテキストです。

出る順問題集 秘書検定2級に面白いほど受かる本

秘書検定を勉強したことがある方であればご存知だと思います。それぐらい有名なテキストです。

著者が教える生徒の合格率は驚異の95%!をキャッチフレーズとしており、私も勉強する際に購入しましたが、イラストや図解が多く勉強嫌いな私でも内容がスッと入ってきました。

オールカラーになりますが、値段も1600円ほどとリーズナブルなので問題集と一緒に購入しておいて損はありません。

受験者数・合格率

2013年

区分受験者数合格率
1級2,433人39.9%
準1級13,099人30.4%
2級87,797人59.2%
3級48,545人70.0%

難易度(勉強時間)

トータルの勉強時間は、最低60時間は確保してください。

集中するなら1カ月あれば十分だと思います。

通信講座等の補助がなくても、独学で勉強すれば受かるレベルです。

テキスト1冊をやり遂げ、試験問題2冊を繰り返しやれば受かります。

試験問題は、選択問題8割・記述問題2割で、選択問題はヒントが多いため難易度は低いです。

それでも毎回約40%は落ちているので、ややこしい選択問題が多いことが難易度をあげている理由です。

これに勝つには、試験問題を数多く解き、引っかけ問題になれることが必要です。

また、問題にも良く読まないと間違える文章があるので、注意深く読むことが必要です。

試験内容

1級

1次試験(筆記試験)

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

2次試験(面接)

報告・対応に関する質疑応答(15分程度)

準1級

1次試験(筆記試験)

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

2次試験(面接)

あいさつ・報告・対応に関する質疑応答

2級

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

3級

必要とされる資質、職務知識、一般知識、マナー・接遇(実技)、技能(実技)

合格基準

  • 筆記試験と実技試験共に60%以上の得点
  • 面接試験は明確な基準は無し

試験情報

【資格種別】民間資格

【資格区分】1級、準1級、2級、3級

【受験資格】なし

【試験日】2月(2級・3級のみ)、6月、11月

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】公益財団法人 実務技能検定協会

皆さんの勉強法を掲載!

2級の勉強法

秘書技能検定は実務で力を発揮する資格です。
テキストを使用し独学で勉強をするのであれば3級も2級も勉強をすると内容は重複が多く、3級を受けるなら一気に2級を目指すのもいいと思います。
勉強方法はテキストを読み、練習問題を解く流れでとてもシンプルで簡単な方法です。実生活でアルバイトで接客業や電話対応の経験があれば、その場面で使う技能も問題に出てくるので有利だと思います。
問題内容は会社でのひと場面が出てきます。
例えば、上司宛に電話がかかってきたが会議中のときの対応。お客様が訪問されたときの対応。来客のお客様へのお茶を出すときの順番や出張などで外出した際の車や新幹線の座席の優先順位。
このようなことは場面の想定を覚えるしかありません。
秘書の仕事、役割は上司のサポート役であり主役ではないのです。これを常に頭の中に意識をし、上司のための手助け、準備、補佐をすることが秘書の役目なのです。
判断は全て上司に確認を取ります。上司を差し置いて行動するということはありません。
この場面はこうするという一連の流れで覚えて練習問題で似たようなケースで経験値を積むことで対応できます。
他には、社会人として欠かせない敬語、謙譲語、丁寧語の使い分け、手紙や報告書等の書類作成、
会社同士のお中元等の贈り物の扱い、事務作業としての書類のファイリング方法が出てきます。
これらも全て、暗記をしてしまうことが合格への最短距離です。ビジネスマナーとして行われる行為はパターンとしてほぼ決まっているのです。
その決められた内容に沿って行動ができるかを問う試験なのです。試験は大部分が選択肢の中から回答します。
そして問題集を解いていると確実に答えがひとつに絞れられるものと、ひっかけ問題で答えを迷う問題がいくつか必ず出てくるものです。
そうしたときも答え合わせをしたときに暗記するのです。こう質問されたときの回答はこれ、と暗記します。そうして問題集を何度も解き続けるとパターンがわかってきます。
過去問もたくさん解いた方が同じ問題が出る可能性が出てさらに合格へ近づきます。
2級の合格率は60~70パーセントです。分野が「理論」「実技」と二つに分かれておりそれぞれ合格ラインを越えなければなりません。
片方はラインを越えたがもう片方が越えなかったというケースもあります。
この対策として過去問を解き、答え合わせをしたときにどの分野が苦手かを知り、苦手な部分をより多く勉強、問題集で取り組みます。

区分:2級 勉強時間:50時間 さとし 2016年6月14日
タイトルなし

テキストを使って勉強をすることが主なので、電車の中の移動時間、寝る前の30分テキストを読むなど細切れでも勉強をすることが可能です。テキストでだいたいの出題範囲や傾向を把握したあとは問題集や過去問を解くことです。これも選択肢から選んで答えを見つけ出すので、必ずしもイスと机がなくても勉強は可能です。

平日1日一時間、休日はさらに時間を費やすといったスタイルで継続をして取り組めば2ヶ月で試験に臨めると思います。

区分:2級 勉強時間:30時間 かな(20代) 2016年5月10日
2級の勉強時間

毎日30分程度、試験直前は、問題集のみやりました。
2か月くらい勉強し、合格率50%程度の試験でしたが合格しました。社会人経験がある方が受かりやすいです。
11月の試験は、合格率が低い傾向があります。仕事の合間や、出掛ける時も時間があればテキストを読んでいました。郵便知識も必要です。
簡易書留、料金後納などや、切手の知識も必要です。技能は、机の配置が出たこともあります。秘書のマナーと実際のビジネスマナーは違うことがあるので、注意が必要です。

区分:2級 勉強時間:50時間 なつ(20代) 2016年1月7日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

事務の資格
広場太郎をフォローする
資格勉強の広場【2019年度最新】
タイトルとURLをコピーしました