ケアマネジャーのおすすめ通信講座(たのまな・ユーキャン・LEC)を徹底比較

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護のスペシャリストとして支援が必要な人をサポートする職業のこと。

介護老人福祉施設や支援事業所に所属し、介護に関する悩みや不安などの相談・ケアプランの作成や手続きなどを行ないます。多くの医療・介護従事者が取得を希望するほど信頼性が高く、高齢化社会の日本にとって今後ますます活躍の場が広がる資格です。

しかし、ケアマネジャーの資格取得を希望する人々のほとんどが毎日の業務で忙しく、充分な学習時間の確保ができていないのが現状。そのうえ、試験の合格率はわずか15%程度と内容が難しいと言います。「資格を取りたいけど、勉強のやり方が分からない…」「仕事と勉強を両立できるか不安」と悩む人にオススメなのが、通信講座を使った勉強方法です。

ここでは、通信講座を利用するメリットや各通信講座を比較した内容、それぞれの特徴についてまとめています。資格取得を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※2019年8月9日時点の情報

通信講座を利用するメリット

ここでは、通信講座でケアマネジャーを取得するメリットをご紹介。どのようなメリットがあるのでしょうか。

自分のペースで勉強を進められる

通信講座の大きなメリットは、都合の良いときに勉強を進められることではないでしょうか。平日は寝る前の1時間、休日は午前中の2~3時間など、スケジュールを考えながら無理なく勉強できます。

通学の手間や費用、時間をかけずに資格取得を目指せる

通学にかかる手間や費用をかけなくても良いという点も、通信講座を受講するメリットとしてあげられます。

働きながら資格取得を目指す社会人にとって、勉強時間の確保が難しいところ。スクールに通っての学習となると、受講料だけでなく移動時間や交通費などもかかってしまいます。その点、通信講座は自宅で勉強できるため、ムダな出費を抑えられるのです。

要点をまとめた教材を使って、短期間で効率的に勉強できる

通信講座では、合格に必要なポイントが丁寧にまとめられた教材を使用して学習を進められるのもポイント。過去の出題傾向を分析・厳選した内容がまとめられているため、必要な知識だけを効率よくインプットできます。

通信講座の比較

ここでは、ケアマネジャーの試験勉強をサポートする「たのまなのケアマネジャー合格講座」「ユーキャンのケアマネジャー講座」の2つについて、受講費用・学習期間・質問回数・添削回数・法改正・最新情報のフォローの5つを比較しました。

どれも通信講座を選ぶ際に押さえておきたいポイントなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

受験費用

たのまな33,000円(税込)
ユーキャン49,800円(税込)

受講費用が最も安かったのは、「たのまな」で33,000円です。

学校に通って取得を目指すとなると平均10万円以上の費用がかかってしまいますが、通信講座なら半分以下の価格で合格を目指せます。一生モノの資格を手にするとは言え、予算をあまりかけられないときもあるもの。手が届きやすい価格だと勉強を始めやすいですよね。

また、「たのまな」「ユーキャン」は一般教育訓練給付金制度対象なので、条件を満たせば受講料のうち最大20%の支援を受けることが可能。条件はお住まいのハローワークで確認できるので、利用したい方は問い合わせてみるのをオススメします。

たのまなのケアマネジャー合格講座

学習期間

たのまな3ヵ月(在籍期間12ヵ月)
ユーキャン6ヵ月

学習期間が1番短かったのは、「たのまな」の3ヵ月でした。

勉強に必要な期間が短いのは、毎日仕事に忙しい方にとっては嬉しいですよね。また、合格に必要な学習期間は短いのに、サポート期間が1年と長くとられているのもポイント。

「最短で合格を目指したい!」という方も、「資格取得もプライベートも両立したい!」という方も、満足できる通信講座ではないでしょうか。

たのまなのケアマネジャー合格講座

質問回数

たのまな受講中は随時サポート
ユーキャン基本的に無制限だが質問回数に制限を設ける場合あり

質問回数が充実していたのは、随時サポートを行なっている「たのまな」でした。

通信講座を利用しての試験勉強は、人に教えてもらう機会がなかなか少ないもの。そのため、一度分からないところでつまづいてしまうと、勉強へのモチベーションに影響する可能性があります。

自分で解説を読んでも分からない内容が出てきたときは、講師に質問して早いうちに苦手分野をつぶしておくのがオススメです。

たのまなのケアマネジャー合格講座

添削回数

たのまな2回
ユーキャン7回(模擬試験添削1回を含む) 

添削回数がもっとも多かったのは「ユーキャン」で7回です。

模擬試験の解答を添削してもらうことで、どの分野は理解できているのか、苦手だと思う分野はどれか、を確認できます。プロの講師たちがチェックして受講生一人ひとりに合わせたアドバイスをしてくれるため、分からなかった分野を把握して得点アップを目指せるのです。

ユーキャンのケアマネジャー講座

法改正・最新情報のフォロー

たのまなあり
ユーキャンあり

法改正や試験に関する最新情報のフォローは、すべての講座で行われます。

ケアマネジャー試験で出題される問題の中には、法律に関する内容もあります。法改正があれば問題内容も変わってしまうため、間違った知識を覚えたままにしてしまうと、試験でのミスにつながる可能性があるのです。

1点が合格を左右してしまう試験において、ミスを減らすことが大切。得点を失わないよう、丁寧なフォローがあると安心できますね。

各講座の紹介

たのまな

  • ケアマネジャー合格講座

3ヵ月で資格を取得できる力を身につけられる、と合格者から評判の「たのまな」。講義では、出題される問題のパターンを分析し、その中から厳選して導き出したポイントをまとめた「合格の法則」を集中的に学ぶことで、合格につながる得点力アップを目指せます。合格に直結する知識だけを効率的に学べるため、3ヵ月という短期間でもしっかりと合格を狙えるのです。

また、実際の試験さながらの模擬試験は、問題を繰り返し解くことでさらに知識を定着できる仕組み。さらに、通信講座でありながら無料のリアルセミナーを行ない、勉強方法の疑問解決や法改正のポイントを解説してくれます。

教材

  • 合格の法則 1冊
  • 講義DVD(3巻・合計約11時間) 5枚
  • ケアマネ「ピタリ予想」テキスト+模擬試験 1冊
  • 模擬試験 2回
  • 課題返信用封筒 6枚

講義DVDと合格の法則で出題傾向とポイントをつかみ、知識が身についているか模擬試験問題を受けて確かめるのが、たのまな流の試験勉強の進め方。模擬試験で見つけた弱点を復習し、繰り返し問題を解くことで弱点を克服し、覚えた知識をさらに深められます。

口コミ

テキストが簡潔で図解も多く分かりやすかったです。
家事をしながらケアマネジャーを目指しています。テキストは見やすくわかりやすいのですが、うまく頭に入って行かないこともあります。そうゆう場合はDVDを見ると理解が深まります。苦手なところは家事の合間に何度も見て確認をすることで克服しました。質問を受け付けてくれるところもとても良いと思います。

公式サイト先

たのまなのケアマネジャー合格講座

ユーキャン

生涯学習のユーキャン

  • ユーキャンのケアマネジャー講座

2000年の開講以来、7万5千人以上の受講生を合格へと導いた「ユーキャン」。メインテキストや過去問題集を使い、6ヵ月で合格を目指すカリキュラムとなっています。

特徴は、受講生だけが加入できる無料Webサービス・学びオンラインプラスで各種サービスを利用できること。PCやスマホがあればどこでも利用できるため、空き時間を活用して試験勉強をしたり、分からないところを質問したりすることが可能です。

教材

  • メインテキスト 6冊(介護保険制度論、介護支援サービス論、高齢者介護論I、高齢者介護論II、高齢者支援論I、高齢者支援論II)
  • でるケアBest200(副教材)
  • ガイドブック
  • 過去問題集
  • 資料集
  • その他(添削関係書類など)

6冊のメインテキストは、出題傾向に基づいて各分野の重要度が記載されたもの。イラストやグラフで表現されており、テキストでの学習が苦手な方もトライしやすくなっています。

また、副教材のでるケアBest200は、過去の試験問題を分析してまとめた内容を200項目掲載したテキスト。持ち運びやすいサイズなので、通勤時の試験勉強にもオススメです。

口コミ

テキストは、初心者の自分でもわかりやすく作られています。始めの頃はわからないところだらけで何度も質問をしてしまいましたが、その都度丁寧な回答をくれましたのでとても助かりました。試験2日前に質問をしたのですが、ちゃんと回答をくれましたので、安心して試験にのぞめました。添削では、自分が気づかなかった弱点を指摘してくれたので、そこを重点的に勉強しました。最新の情報を常に得ることができたのは良かったです。

公式サイト先

ユーキャンのケアマネジャー講座

どの通信講座がいいの?

  • 費用対効果を考えるなら「たのまな
  • 少ない勉強時間で資格取得を目指したいなら「たのまな
  • ネットやスマホを使って空き時間も学習するなら「ユーキャン

どれも魅力的な講座内容となっていますが、中でも最短3ヵ月で合格を目指せる「たのまな」がオススメ。短時間で効率よく学習できるので、仕事、プライベート、試験勉強を無理なく両立できるでしょう。

まずは資料請求をして、それぞれの特徴をつかんでから選んでみてはいかがでしょうか。

とにかく安く受講したい方はこちら

資格取得のための通信講座として人気のあるLECでは、「介護支援専門員実務研修受講試験」に出題される範囲を完全に則った『[八訂]介護支援専門員基本テキスト』を使用した「ケアマネジャーこれで一発合格講座」を開講しています。

この講座は2018年開講の『出る順ケアマネジャー合格講座シリーズ[1]これで合格!「八訂」基本テキストはこう読め!』を17,800円(テキスト有り)という低価格で再販売している講座となっています。

ちなみにテキストをすでに入手した方や、書店などで入手する予定のある方の場合、テキストなしの13,800円で受講することができます。

講座は1回の講義講座2.5時間が全8回+αとなっていますが、1講座2.5時間は30分×5ユニットと分割された構成となっているため勉強がしやすくなっています。

テキスト有り、無どちらの場合でも

  • 基本テキスト読み方レジュメ
  • 出る順重要過去問題解説集
  • 改正点重要ポイントチェック集

がつき、テキスト有りの場合は『[八訂] 介護支援専門員 基本テキスト』がつきます。

出る順ケアマネジャー合格講座シリーズ[1]これで合格!「八訂」基本テキストはこう読め!

独学勉強法

ケアマネージャーの独学勉強法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

通信・通学
広場太郎をフォローする
資格勉強の広場【2019年度最新】
タイトルとURLをコピーしました