調理師試験の独学勉強法【テキスト紹介・勉強時間など】

調理師の試験はそこまで難関ではありません。独学で不安かもしれませんがしっかり暗記していれば大丈夫な部類です。

おすすめのテキストは第一出版から出ている「調理師読本」と「調理師試験問題と解答」の2冊です。

スポンサーリンク

調理師試験の勉強法

最初に言ってしまえばこの2冊を暗記できれば合格することは容易です。

とはいえ、この調理師読本は分厚くて字は小さめ、ぎっしりと書かれてあります。

1回ざっと読み、さらにじっくり再読で1か月ほど時間の余裕を見ておいた方がおすすめです。

速読できる方はいいのですが、読書に慣れていないときついものがあります。

テキストを読んでから問題集に移ります。

一度目は軽い気持ちでとりあえずやってみます。間違えた問題は印をつけておき、あとで解説をよく読みましょう。

そしてもう一度説きます。また間違えたところに印をつけます。

もしも同じ問題を間違えていたら、それは苦手な分野でありよく理解できていないということがわかります。なのでその部分をテキストでもう一度読み込んで理解を深めます。

この繰り返しで嫌でも暗記していきます。

そしてテキストには書いていないことが問題集の解説には書いてあることもあるのでそちらもしっかり目を通しておきましょう。

もう問題を読んだだけで答えがぴんとくるようになるまで、理想をいえばそこまでしておく必要があります。たとえば食中毒のところなど菌や発生源など必ず暗記しておくことが大切です。

なぜなら絶対に出るからです。

実際の試験では時事問題のような思ってもみなかった問題というのは調理師に限らずあるものです。わからなくて捨てる点数のことも考えて、絶対に覚えておけるものは全て暗記しておくこと。

そうすれば、どの分野でも0点ということはないし、60%以上はとることは可能だと思います。

ある程度予備知識のある方でしたら先に問題を解いて理解できなかった点をテキストを復習する方が効率よく勉強することができます。

調理師試験のテキスト紹介

冒頭でも言いましたが、「調理師読本」と「調理師試験問題と解答」の2冊があれば十分です。

受験者数・合格率

合格率は60%~70%程

勉強時間(難易度)

試験を実施する都道府県によって試験難易度が変わりますが、そこまで難しい試験ではありませんので、毎日1~2時間の勉強時間を確保できるのであれば、2ヵ月程で合格できるレベルに達することができるでしょう。

試験情報

【資格種別】国家資格

【資格区分】なし

【受験資格】2年以上の調理業務を経験(中卒以上)

【試験内容】食文化概論,衛星法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論

【試験日】都道府県により異なる

【試験場所】全国各地

【問い合わせ先】公益社団法人調理技術技能センターなど

試験情報の詳細は「調理師試験の難易度・合格率・試験日など」で掲載しています。

皆さんの勉強法を掲載!

分かりやすいテキストを選ぼう

調理師免許の試験は、大きく7つの科目に分かれています(食文化概論、衛星法規、公衆衛生学など)。
これら7つの科目が網羅されている参考書を一冊購入し、ひたすらこの一冊を丸暗記しました。
参考書は、文字が比較的大きく見やすいもの、絵や図で分かりやすく解説されているものを選びました。どの参考書も内容は似たり寄ったりだと思うので、飽きずに楽しく学べそうなものを選びました。
また、覚えることが多すぎると途中で嫌気がさしたり、中途半端な暗記の仕方になってしまうので、内容が細かすぎるのは避けました。
一通り参考書の丸暗記をしたら、インターネットで調理師免許の過去問をかき集め、ひたすら解きました。間違えたものはチェックをして何度か解きました。
過去問を解くうちに、ひっかけ問題や傾向がつかめてきます。
私は2ヶ月間で集中的にやりました。参考書の構成は7科目に分かれているので、各科目を一週間で丸暗記し最後の1週間は過去問を中心にやりました。仕事をしながらだったので通勤時間も含めて一日3時間位やりました。

勉強時間:30~99時間 横田(30代) 2016年1月5日
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

料理の資格
広場太郎をフォローする
資格勉強の広場【2019年度最新】
タイトルとURLをコピーしました